会員登録 ご近所さんを探せ!
美也・ミヤミヤみゃぁ〜
ひみつの呪文は、
にゃもにゃもにゃも!
閉じるプロフィールを閉じる
タグでつながる
同じタグのついた他の会員さんのつぶやき日記を検索
タグ最近のタグ
   散歩   映画   ランチ  
日記検索
タグ:
フリー:
カレンダー
<<  2017年5月  >>
S M T W T F S
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の日記
最近のコメント
プロフィール
member美也と美也パパ
♂  56歳
[会員番号:004683337]
[登録:2009/10/30 21:48]

プロフィール 12才の美也と物作り業(仕事受付中)55才の美也パパ。
に加え、
公園からきたゴエモン、シロちゃん夫...続き


タグ井の頭公園/吉祥寺/玩具と雑誌/赤と黒/鬱と不眠/秩序と混沌/粘土と人形/独身/公園/美味しいもの/散歩

アクセス
まいリンク
まいエリア
地図 東京都武蔵野市
(武蔵野市吉祥寺東町)
1-10件 (全1976件)   次>>  
ロジャー・ムーアが亡くなって、実はショーン・コネリーより年上だったと改めて知るんですが、中学へ入ってすぐ「007黄金銃をもつ男」を見たときは、ぜったいにコネリーの方が素敵なオジサンだと思っていました。
74年の、ぼくの好みの映画は、「燃えよドラゴン」をはじめとしたブルース・リー映画、「エクソシスト」「ヘルハウス」などのホラー映画、「タワーリング・インフェルノ」「エアポート75」などのパニック映画の3つぐらいに新しい波を感じていました。
東宝は「ゴジラ対メカゴジラ」と「ノストラダムスの大予言」、円谷は「ウルトラマンレオ」、東映は「仮面ライダーX」の頃。
和製特撮にちょっと飽きが来て、怪獣はどうも子供騙しになっちゃったなと思い始めるんですね、中学生になると。
ぼくは怖いのが苦手なくせに惹かれてならず、「エクソシスト」特集の「スクリーン」を見ながらあの映画は見たの見てないのとやっていて、「黄金銃」もスカラマンガ(クリストファー・リー)目当てでした。
でも「ローズマリーの赤ちゃん」があまりに怖かった事と「悪魔の沼」あたりから気持ち悪くなってきて、足が遠のきました。
怖い系は邦画で金田一シリーズが始まりましたが、文庫を読み始めていたのでそっちの方が良かったのでした。大人になってから市川崑はいいなと思っても、当時は、文字の方がイメージが広がっていました。
パニック映画は「ジョーズ」を経て、「スター・ウォーズ」「スーパーマン」やなどのSF映画ブームへつながり、マスコミは、我が日本には和製SFがある!と懐かしの「ウルトラマン」を紹介したあたりで、自分の中で眠っていた感覚が蘇って爆発的な欲求が芽ばえて、以下、現在へ続くのです。
子供から少し生意気な中学生になった自分の嗜好の中で、ロジャー・ムーアがいいなと思ったのは、テレビにかかって、広川太一郎が声をアテてからだと思います。やっとなんか繋がった感じでした。
そういえば、コネリーの方は若山弦蔵の声で、やはりテレビで馴染んでいたので、つまりぼくは映画での印象よりも吹き替えたテレビの方が頭に入るんですね。子供頭なのか。
74年当時、映画館へ行って映画のチラシをもらってくる事が仲間内で流行りました。中には「愛の嵐」とか「エマニエル夫人」とか、去年まで小学生だったのが堂々とそんなタイトルのチラシをもらって興奮して。「007」もエッチで良かったですけど。
ロジャー・ムーアと言うと、中1のあの頃を思い出してなりません。



美也のおでこの皮膚炎、良くなってきました。消毒と塗り薬で3週間かかりました。2週間でいったん通院する予定でしたが、忙しくて行かれず、ずるずると来たら、おとといあたりから良くなりました。
なにしろ美也は恐がりで、病院は最後の手段。消毒でさえ顔が引きつります。飲み薬の方が早いんですけど泡拭いてしまうんです。肝臓に負担がかかるため血液検査が要るなどと言われて、美也まいっちゃうよなと。
消毒・塗り薬の時間となると、逃げる逃げる美也、死にものぐるいの声を出します。ぎゃあああ。あうぅううう。まるで父ちゃんが虐めているみたいじゃないか。やめて下さい、そういう声。
ゴエモンとシロちゃん夫妻は遠ざかって冷ややかに見ています。自分の番になったら大変だとすぐ逃げられる体勢。
しんこはぜんぜん気にしない。
13歳3匹はほとんど寝ているのに対して、しんこは常に室内、端から端まで走り回り、棚へ上がっては降りて、賑やかです。
しんこが明るくてぼくもめげないでやっていけます。

通い猫たち。深夜から早朝、3匹そろって顔を見せました。小雨のうちに食べておこうと思ったんでしょうか。
クロスケ、銀ちゃん、くうちゃん。
兄弟じゃないし、去勢する前はいがみあっていた仲なのに、いつの間にか仲良しです。
大きな猫、ぺこちゃんは2週間おきに会える感じ。この猫は贅沢に育ったようで気まぐれです。でも可愛い。こんどはいつ?

mさんちのロクタロのオヤツをあげてから井の頭公園を回る。弁天様に挨拶。いろいろお願いします。仕事の事、猫の事。あの事この事。
三浦屋で買い物して地上へあがると、声がかかる。アッ、久しぶり。根岸くんでした。叔父さんは音楽家でその奥さんが真理アンヌさん。
前のアパートの隣に住んでいて、猫とフィギュア好きで、たまに近所の猫が喧嘩を始めるとそれぞれ部屋から出て来て話をしたものでした。
いまやっているヤマキチシリーズはもともと彼が知り合いだった大場さんを紹介してくれたのがきっかけです。
いまなにやっているのかと聞くと、ビックリマンシールのような「店員シール」を作って、ラーメン屋さんの景品にされているそうです。

その山吉屋の原型、今月中に終わらせるつもりで大車輪。作業は単純ながら根気が要る段階。でも少しずつ終わりに向けて進んでいます。

画像
・順番待ちのくうちゃん。
・出かけようとしたらやってきたクロスケ。いつもはキッチンへあげるんですが、今日は外で。
・美也。甘える時は思い切り甘えて来ます。
・きのう。三浦屋に行く手前、ライブをやっていたので足も弾みました。


1拍手1Good!(^o^)/
地図 東京都武蔵野市 | 2017/05/26 00:24
タグ ---
投稿 コメント(0)
あした金曜は、月例の<モーレツ!特撮ナイト>の第47回目。来月でちょうど4年目。夏に50回目を数えます。
10年続いたらすごいなと思っているので、あと6年。きっとすぐ、来ちゃうんですよ。
その頃常連はほとんど60代です。困っちゃうな。いつまでも50代が良いのに。

公園は、緑がしっとりして、綺麗でした。
公園から引き上げた猫4匹の世話をしていたオジサンの命日が来るので、明日は寄れないだろうから公園へ行って、オジサンが亡くなったところで手を合わせました。
猫たちの事、護って下さいねと頼みました。
それからいつものように、稲荷跡地、弁天堂を回って、同じお願いに加えて仕事もらえますように、佳い出会いがありますように、と頭を垂れます。
ぼくにとって井の頭公園は頼み事をしに行く神聖な場所でもあるんです。
そういえば、ドナテロウズが閉店したのも5月。あの地震の年。
アイス屋さんのドナテロウズでぼくは250円のコーヒーを頼んで30分、ぼーっとしました。猫が居たので楽しい時間でした。
店は保護猫の活動をしていました。
その年のドナテロウズの閉店1週間に、オジサンが亡くなった。
オジサンは外暮らしをしていて、公園に捨てられた猫の世話をしていました。
話しぶりからインテリジェンスと品格を感じさせる人で、亡くなってから弔いに来る何人かにオジサンの事情を伺えました。
元・某大学の助教授。資産家でバブル期に事業に手を出し、部下に裏切られて詐欺に遭って財産を失った。残ったマンション1棟を甥に譲って1部屋だけ自分の部屋にして、ほとんどを公園で過ごして週に1回だけ部屋に戻る。
厳しい眼差しを見せるのに、動植物の話は楽しそうにしてくれたんです。
ホームレスを何人も社会復帰させたそうです。オジサンも公園で寝泊まりしていながら。でも、そんな生活だから公園で亡くなった。

猫をオジサンに頼まれたわけでありません。
公園に隣接する神社の猫の世話を始めていたため、無視する事も出来ずに成り行きで手を出してしまった。
神社の猫の世話と合わせると足かけ3年間、1日も休まずに通いました。雨の日も雪の日も。正月も。
つらかったのはダンボールの箱を置かせてもらえない事。ずぶ濡れの猫たちが不憫で、引き取る以外、手がなくて4年前に引っ越した経緯です。
オジサンが亡くなって6年目。
4匹のうちゴエモンがいちばん古株で、13年前に子猫だった写真が誰かのブログにありました。外で9年も頑張ったんです。
自分の人生で誰かの役に立つ事があったかといえば、猫を助ける事が出来たのがいちばん大きいのかも。
猫のおかげで猫会の人と知り合い、ボランティア仲間のSORAさんのお店でモーレツ!の集まりが始まった。
怪獣ファンにも猫好きは居て、猫の事で同じ悩みや生き甲斐を共有する事も出来ました。猫の神様が便宜を図ってくれたのだと思います。

今年は「ウルトラセブン」の放映が始まって50周年。「セブン」のイベントがたくさんあります。
50年前、ぼくは小学校へ入りました。その秋の放映でした。
「セブン」の前に半年間「キャプテンウルトラ」があり、その前は「ウルトラマン」「ウルトラQ」と遡ります。
なんと贅沢な時代でしょう。でも「セブン」の途中からつまらなくなりましたね。話が難しい上に怪獣が出て来ませんから。
当時のスケッチブックが1冊だけ残っていました。「少年マガジン」のグラビアを見て描いたものです。
セブンよりウインダムが好きでした。
大人になって依頼仕事でウインダムを作った事がありました。
1拍手1Good!(^o^)/
地図 東京都武蔵野市 | 2017/05/19 03:21
タグ ---
投稿 コメント(0)
紋川さんがレスしちゃったから(笑)、ここのところやっていたのは先日ホビーショーで発表された「マッハ号」のプラモデルの冊子です。それの構成と原稿が終わっていったんぼくの手元を離れたところ(これからデザイン)。
アス工房の濃い解説書も終わって(誰も知らないケムラーの話)、やっと原型に復帰です。
ゴールデンウイークで版元の監修待ちで2週間ロスしたのでちょうど良いぐらい。
今月はそれを終わらせて、同じメーカーのマンガキャラクター第2弾の準備までやれれば。その次は決まってません。仕事下さいね。

「マッハ号」、ネットの暫定でランキング1位を取りました。もともとイマイの金型が素晴らしいんです。青島がよく引き継いで50周年企画に持ち込めました。今回、ベルトタイヤが新造型です。マッハ号が走行中にタイヤに装着するブロック状のチェーンです。
マッハ号は7つの特殊装備を持っていて、ハンドルの中央に7つのボタンがあります。AからGまでのアルファベットがカッコイイのです。
ノコギリを出したり赤外線ライトを点けたり偵察メカを発射したり。
ぼくの世代だと本放送だけでなく、70年代の夏休みの朝の再放送でお馴染みでした。「マッハGoGoGo」「ピュンピュン丸」「魔法使いサリー」「ジャイアントロボ」「仮面の忍者赤影」。
本当に、楽しかった。2時間枠で、それが終わると宿題をやって。昼を食べたら遊びに行って。帰りは夕方。
うちは商店街にあったため、オモチャ屋、文房具屋、本屋、レコード屋、駄菓子屋、古本屋まで、1分でした。
テレビのキャラクターグッズに溢れていました。
マッハ号のプラモデルは作った事あるんですが、動かせませんでした。
だいたい車のプラモデルは苦手でした。
たいてい前輪から始め、左右に車輪をふれるかどうかで、つまづきます。セメダインがはみ出してくっついちゃうんですね。
ましてモーターのセットは小学校の高学年にならない限り無理でした。ハンダの代わりに熱したドライバーでプラスチックを溶かしてモーターを固定するんです。
日本の技術はそれでもすごいですよ。
海外だと動力はなくて飾るための模型でした。「チキチキバンバン」なんか同じ形状でも動かせるのだからオーロラ社よりミドリ商会圧勝ですよ。

このイマイの新規金型マッハ号は、アメリカで人気が出て映画になった頃の商品で、力はいっています。表面は美しく、もしこうであったら?という、メカニズムの立体化に実在感があり、エッチングパーツまで用意されている。大人の模型ですねぇ。当時の自分に見せてあげたいです。
ところでマッハ号の下半身(下側)、オモチャだと青で、上半身が白、ツートーンカラーです。プラモデルもそれを踏襲しています。
でもいくつか、実物大のマッハ号が作られたのを見ると、全身真っ白なんですよね。
もともとマンガのマッハ号(『パイロットAエース』63年)は、口絵では赤だったりしました。アニメになって上が白で下は陰影の表現でグレーぽいのでした。
イマイの最初のプラモデルだと下はパープルです。それの印象から来ちゃっているのかなぁ。真っ白のマッハ号もカッコイイんですが。青は引き締まって見えますね。
ちゃんと水中走行モードも再現出来ます。ボンドカーより先ですからね。
そういえば昔、オモチャのフロントパネルがありましたよね。小さなハンドルを回したり音が出たりするヤツ。
あれで、マッハ号のパネルを再現して、ハンドル中央のボタンを押すと、模型がぴょん!と跳ねたら嬉しいだろうな。

今日はなんだか冷えますね。日中、陽がなくて、mさんちのロクタロのオヤツのあと時間はあったのに公園に行く気になれませんでした。
中華屋で野菜炒め定食を食べて三浦屋、西友をはしご。半額ものゲット。鱧の湯引き、久しぶりです。
昨日は貝の盛り合わせが目の前で半額になったので迷わずゲット。赤貝とあおやぎでした。紐がまた美味。
昨日の外食、一圓の一口餃子でした。野菜餃子です。野菜餃子が好きで、行者にんにくの餃子を買いました。自分で焼くですよ。

猫画像はしんこ。ついさっき。机に座るとやってくるので抱っこは面倒だから服の中に。湯たんぽみたいです。
いつまで子供の振りしてくれるのかな。
1拍手1Good!(^o^)/
地図 東京都武蔵野市 | 2017/05/17 22:37
タグ ---
投稿 コメント(0)
今日もまた猫が布団に乗っかっていて目が覚めると寝返りが打てない。
眠りが浅いので悶々としていたら眠れなくなって起きる羽目に。いまごろ眠くなって仕方ありません。
犯人はしんこで、しんこが乗っかると、美也は布団へ入ってきません。
美也は慣れっこなんですが、しんこはぼくの足を枕代わりにするため、重たいんです。
目下、見た目と目算で、我が家でもっと重たく大きな感じです。
しんこは抱っこが好きで日に何度も抱っこをせがみます。腕がしびれるまで10分20分と寝たふりをします。
するとすぐ、美也がコタツから出て来て、こっちを見上げて文句を言います。文句たって、無言の圧力です。
なんでコタツに入っているのに、抱っこをしたのが分かるのだろうか。しんこに耳打ちします、みーが怒ってるみーが怒ってる。しんこの寝たふりはどこまでも続きます。
しんこは、ぼくが起きるときょとんとして、まだ寝ていたい感じでしたが、<ごはん>と<たべる>に反応します。
その魔法の言葉はカメラを向けるとそっぽを向いたり引っ込んでしまうゴエモンとシロちゃんにも有効で、ご飯だ、ご飯だと、キッチンへ行くと着いてきます。シロちゃん、いい加減、触らせて下さいよ。


母の日、母と少しだけ話す。この期に及んで親不幸で。
あちこち不調なのと孫の自慢。ま、しょうがないです。
電話で毎回、猫は何匹になったのか訊かれますが、ここ1年半は同じ数なのに、また増えたの?と言われます。
要するに、猫の世話しているぐらいなら顔を出せと言いたいわけで。それはその通りではありますが。
近所のバラを撮りました。深大寺のバラ園とかすごい時期ですよね。
紅白なのはなんだろう、葉っぱを見るとバラ科のようです。


mさんちのロクタロのオヤツの前に、街道ののぶちゃんで野菜炒め定食を食べる。中華屋なのに大衆食堂みたいな味です。
待ち時間に吉祥寺特集の雑誌を開いたら載っていました。マンガ家の江口寿史さんが来る店だったんですね。
最近食べ歩かないうちに、知らない店がたくさん出来ていて、美味しそうなカレーのページに釘付けになります。
昨日は夕方食べた天丼が胸焼けしてしまい、明け方、とろろ蕎麦を作りました。
黒田くんのイベント、行かなくて御免なさい。斎藤浩子さん、相変わらず可愛いまま大人の女になっていらして。素敵な写真をネットで拝見。
1拍手1Good!(^o^)/
地図 東京都武蔵野市 | 2017/05/14 21:45
タグ ---
投稿 コメント(0)
ドアの地面に近い所にスリットがあって、外の猫たちはお腹が空くとうちへ来て、そのスリットをがしがしやって、来たよ!と告げます。
するとぼくは来たかとご飯の用意をする。
居ない時は、彼らは何度もがしがしやるんだろうな。ちょっと申し訳ないです。
ぼくの生活は本当に単調で、気まぐれに出かけないものだから、彼らもアテにして来る。
しんこの兄弟のくうちゃんは黒白猫で可愛いのだけど、しんこと違ってまったく人慣れしてません。ドアを開けるととりあえず逃げます。
人慣れしていれば引き取り手ありそうな猫なんだけど。オスはすぐ慣れるんですがね。
ここの契約は3匹までなのに4匹いる上に、美也を始め神経質で他の猫が苦手な3匹が、しんこのおかげでもう限界で。
ここへ越してくる前からこの辺にいた白キジの銀ちゃんは、うち以外でもご飯をもらえるようになって助かります。そうしょっちゅう来なくなりました。
あと常連はクロスケは、新参のももすけを追っ払う以外、外の2匹とは仲良しです。
ただ、しんこと相性が悪い上に近所の納戸に閉じ込められた事があるため外へ出られないとなるとパニックを起こします。その家のおばさんがよく面倒を見るので居着いてくれたら良いのになといつも思います。
ももすけ以外、全員、虚勢しました。去勢したら3匹仲良しになったんです。
クロスケはこの季節から秋まで、耳に紫外線アレルギーが出ます。まず喧嘩して噛まれて化膿してから皮膚炎になるので、うちへ来ると消毒して、薬を塗ります。今年もさっそく耳に血が。喧嘩はやめて欲しいです。

うちの4匹はそう変わらない毎日ですが、美也のおでこの皮膚炎は、治りかけに見えて、まだ赤くて、消毒と塗り薬を日に2回続けています。


今日の外出の最大の目的は、東急の花屋さんへ行って花キューピットの申し込み。母の日が来るので。
うちと、亡くなったnちゃんのお母さんの分。以前は、もう1人送っていたんです。送る相手が減っていくのは寂しいです。
mさんちのロクタロのおやつをあげて、戻って来る途中、猫会のおばさんとばったり。相変わらず子猫の捕獲や家出猫の捜索に忙しそうでした。
曇り空で、公園へは行かず。
のぶちゃんでカレーライスと餃子を食べて、いったん家に戻って少しして三浦屋、西友で半額ものを買って来る。
作業は、冊子の原稿と構成がとりあえず終わって監修待ち。直しが入れば直してデザイナーへ渡すまで。今日は別の原稿を。短いの。
ソフビの原型はそれが終わったらすぐ再開です。


山吉屋からヤマキチシリーズの新作タゴサクがリリースされました。
タゴサクって何! 田吾作というぐらいだから農耕具ですよ。でも超異次元探査メカでもあって、惑星の1つぐらい木っ端微塵です。
ヤマキチのパワードスーツにもなるし、空飛ぶ戦車に合体して独自に働いたりします。電子頭脳の代わりにSAL2000を乗せる事も可能です。いったい何が始まるンだ!
デザインですが、むかし懐かしいスペースマンを思い出す人は50代半ば以上ですね。その元ネタはNASAの月面シミュレーションスーツです。こうして見るとそっくりですねぇ。怒られるかな。そうとう試行錯誤したんですよ。やはり、ロボットにこだわりたくて、ロビー、フライデー、アナライザー、ロボコン、R-2D-2、ダーレク・・・。
このシリーズ、コンパチでいろいろ組み合わせて遊べるようになっていまう。ぜひ揃えて下さい。
1拍手1Good!(^o^)/
地図 東京都武蔵野市 | 2017/05/13 01:00
タグ ---
投稿 コメント(0)
暑くて目が覚める。もう少し寝ていたいなぁと思ったら、猫たちがわーわーさわぐ。お腹減った攻撃。
こっちも目が覚めた。
天気も好くて近場ながら出かける事にしました。
平日の井の頭公園は観光客も多いですが、ジョギングや犬の散歩、どことなく地元の人のリラックスした姿が目立ちます。
噴水が綺麗で、緑がどんどん濃くなっていきます。
ことし100周年の記念行事が控えています。池の水を抜いて水底を天日干しするかいぼりを2回やりました。
ヘドロを取らなければ意味がないだろうと思っていたんですが、意外と綺麗になっています。まずにおいが取れました。
噴水は水のにおいを撒き散らします。前は臭かったんですよ。
池を見ながら自転車を押して歩きます。多少の運動のつもりで。
その前にラーメンを食べました。めん僧公園口店。
いつも入るのは東急の近くです。同じチェーン店ですが、味はちょっと違います。東急近くの方が好みですね。餃子はこっちは肉が多いのでした。ラーメン3分の2と餃子3つ、650円。
歩きながら、ラーメンのせいでノドが乾いたなぁと思うとなぜか水辺に惹かれる。
神田川の始まりの小さな川に沿って歩きます。
黄色い菖蒲が咲いています。いつも紫の菖蒲だった気がして、黄色が紫に変わるものだろうかと、昔の日記を見ると、黄色も紫もちゃんとあって、紫の方がまだまったく咲いていない状態のよう。
近隣のお宅の庭に咲く綺麗な花を見て歩く。
みちみち、猫のソーちゃんを思い出して、足を伸ばしました。
歩くのがまどろっこしくて自転車を漕ぐ。
庭に居たソーちゃん、ぼくを見つけて奥から出て来た。
北海道で保護されたロシアンブルー。人懐こいです。
ですが、ぼくはソーちゃんとの面会は10分が限界。ウサギのような毛質のソーちゃんを撫でていると粉っぽくて鼻がぐしゅぐしゅして来ます。
ソーちゃん、抱っこして欲しい感じ。でも外で猫と触れるのは手だけにしています。
公園の水飲み場で手を洗う。子どもがなにかを洗っているので順番待ち。
ぼくの番。蛇口、捻ってないと水が出ない仕組み。両手を洗いたかったので、片方ずつひねって水を出していると見かねた子どもがやってあげると蛇口をひねってくれた。幼稚園ぐらい。賢いね。何度もお礼を言いました。

mさんちへ行ってロクタロのオヤツ。きのううちの猫たちの誕生日祝いをチャオちゅーるで澄ませたので、ロクタロにもあげる。でも好きじゃないのでした。もったいないのでスプーンでラップにすくって持ち帰る事に。
太郎ちゃん、1本だけ爪切りが出来ました。1日1本やれば良いんだ。
いつもより時間が早いのでそのまま帰りました。
まだ明るい夕方、満月が白く出ていました。大潮これから4日間。
戻ってメールの返事などを書いていると夜のとばりが下りました。
いったん家に戻ったのは三浦屋の割引きより早い時間だったため。
満月を見ながら買い物に出て半額ものをゲット。
最近入ったおばさん、顔を覚えてくれて、会釈する。ま、半額ものばかりのお客さんなんてアレですが。
黄金の月が力強くて狼男に変身しちゃうんじゃないかと思っていると帰り道、クロスケが飛び出して、こっちももう仕方なく猫男に戻る。クロスケにもチャオちゅーる。きのう出て来なかったので。

作業。きのうから原稿書き。
小冊子でそんなに文字が入らないです。とりあえずぜんぶ書いてどうするか考えます。欲張るとあれもこれもになってしまう。図版を小さくしたくないし。
原型の方、メーカーから版元の監修をとったので続行せよとの指令。でも今日は原稿書き。
1拍手1Good!(^o^)/
地図 東京都武蔵野市 | 2017/05/11 23:07
タグ ---
投稿 コメント(0)
楽しい事はすぐに終わります。仕事再開。もちろん仕事は楽しいですよ。趣味が仕事になったので、他人には遊んでいるように見えるぐらい。遊んでいるようでいて神経を遣います。
だから、仕事と趣味以外で、楽しい事も必要です。
自分記念日。とりあえずふだんと違うことをしようと久しぶりにまめ蔵でカレーを食べました。絵本作家、南椌椌さんのお店。店内には可愛い作品たちが。どことなく懐かしい雰囲気。
この系列のお店がもう1つあったんですが、数年前に閉店しました。地下にあって、陽射しが落ちて来て、スペインのようでした。よくランチを食べに行きました。
19年前にここへ越して来て、その頃つきあいのあったnちゃんと何度となく両方とも行きました。でもまめ蔵はむかしの方が美味しかったな。
平日だけど混んでいて長居しませんでした。
その前にmさんちのロクタロのオヤツ。
実はおととい、初めてゴエモンの爪を切る事が出来ました。うちにきて4年目です。
ゴエモン、ビックリしてガクガク震える。臆病な猫です。でも切らせてくれた。それで、ロクタロも出来るかなと。
ロクちゃんも臆病でびくびくしつつ、なんとか切れた。太郎ちゃん、1本、2本と、もう我慢出来ずに飛び出した。まだかかりそうですね。

公園に出るには曇り空が寂しげでやめにして、商店街へ入って食事をしたのち、いつものように三浦屋と西友をはしごして外周り終了。
ラッキーだったのは、西友のペットフードの在庫処分。ワゴンにまるで宝物発見! 西友はロヂャース並みに安いです。たまに半額になるものもあります。
猫たち、5月生まれが分かっている美也としんこと通いのくーちゃん。それ以外、あとの猫たちは分からないので、みんなまとめてぼくと同じ日にして、今日は1人1本チャオちゅーる。みんな誕生日おめでとう。
くーちゃんと一緒に銀ちゃんも来て。あとクロスケだけ。みんなチャオちゅーる大好きです。特別な事は出来ないです。
13歳になった美也、人間に直すと68歳だと。お婆ちゃんになっちゃったんですねぇ。
猫を飼うベテランは13歳から覚悟と背中合わせになると言います。まだまだ考えたくもありません。
おでこの皮膚炎。昨日は薬付けるのをやめました。ストレスがマックスで、1回休み。もう少しかかりそうです。
しんこは、自分から抱っこしてとやって来ます。抱っこすると両手がふさがってパソコンが操れません。
しんこの重たさ。ずっしり。腕がしびれてくる。そこに信頼するものとされるものの関係があります。よくぞわが子になってくれました。3歳です。
ゴエモンとシロちゃん夫妻は誕生日なんぞ知ったこっちゃない(過去が分からないため、美也と同い年の設定です)。食べられればなんでもかまいません。でも、おめでとう。生まれてきて、うちへ来てくれて、ありがとう。
そんなこんなで年1回の日が終わり。
1拍手1Good!(^o^)/
地図 東京都武蔵野市 | 2017/05/10 22:53
タグ ---
投稿 コメント(0)
全員牡牛座5月生まれで誕生会をやりました。
怪獣酒場、ぼくは初めてでした。みなさんありがとうございます。
早稲田さんと久保田さんは、ロフト╱プラスワン以来の怪獣仲間。もう20年来です。
その頃、平成ウルトラマン三部作と呼ばれた「ティガ」「ダイナ」「ガイア」の取材をしていたぼくは、新宿ロフト╱プラスワンで特撮のイベントを企画して撮影現場で知り合ったスタッフやキャストを招いて、都合30回司会をさせてもらいました。
2人ともお客さんであり、また一緒にイベントを盛り立ててくれた仲間です。それから10年の間、表に出なくなったぼくを飲み会などへ誘ってくれました。
引きこもりを脱却したのは公園の猫の世話を始めた事が大きいような気がします。動物のボランティアで知り合ったSORAさんで毎月飲み会をやるようになって、この夏で4年目に入ります。
近年は特撮のイベントがすっかり定着しました。毎月いたるところで何かしらあります。そして、古谷敏さんのイベントの手伝いをさせていただいたおかげで、またたくさんの人と出会いました。美咲さんもその1人です。
そんなわけで、<モーレツ!特撮ナイト>に集まる仲間で、今回は5月会を開きました。誕生月が同じなのはともかく、今回来られなかった黒田くんと、早稲田さん、ぼくは誕生日が一緒でした。何の因果でしょう。それぞれまったく違う人間なんですが。
来年の5月会はどんなメンツになるりましょうか。みんな末永くお達者で。

怪獣酒場は大人のテーマパークです。
あの懐かしい音楽、映像、そしてオモチャや立体、時に縫いぐるみまで登場して、それぞれの席にそれぞれの飾りが豪華に配されてどこへ座っても楽しそうです。
「ウルトラQ」の音楽がどどんとかかる中で焼酎<ケムール人の挑戦>をいただく可笑しさ。名物のツインテールエビフライはかなり美味しいのでした。
いやその前に、お店に入ってすぐ、見覚えのある顔が! 三木くん、なにをやっているんデスか? ぼくも若かったら店員さんやりたいです。
店長さんも気さくでした。
若い店員さんたち、一応説明してくれます。
ナースのソーセージ、蓋をとると煙。燻製風味になるとか。でもこのスモーク、ロケ地の朝もやだったりするんじゃなかろうかと勝手に解釈。
ナースは、生真面目な高山さんが二度と作りたくないと言った唯一の怪獣です。パースが付いているので、計算が大変だったそうです。
造型でなく図面が大変だったと。
同じ事は成田さんもパースのついたセットの数値を等比級数で算出するなんて出来ないので直に図面から図っていたと。2人とも算数は苦手だと仰っていました。そんな事を食べながらなんとなく話すんですが誰も聞いてくれない(笑)。
見渡せば、ほとんどが成田さんと高山さんの怪獣なんですね。あの2人にどれだけ憧れたか。どれだけ癒されてきたのか。
成田さんは苦虫潰すでしょうけど、高山さんは喜ぶでしょうね。

今日は遊んじゃったので、仕事は明日からしっかりやりますので。
1拍手1Good!(^o^)/
地図 東京都武蔵野市 | 2017/05/10 03:28
タグ ---
投稿 コメント(0)
GW終わり。来年のGWは良いことあるといいな。そんだけ。
と言う事で、冊子で使う画像編集を一日中。
疲れたので気分転換。
だいたいの構成を決めて、フォトショップでデザインの素案を作り、先方とデザイナーに見せます。
本文を書きます。これ、増えるんですね。少なく見積もっても、文字はやはり増えます。
それに合わせてレイアウト案を変えます(いまここ)。
使う画像は、ぼくの方でフォトショップでトリミングしたり、切り抜いたり。補整もします。面倒なだけで、勝手知ったる作業です。

むかし本を作る際は紙焼き写真かポジフィルムをトレペかけたりポジ袋へ入れて、赤のダンマートグラフ(デルマトグラフ)で指定して、デザイナーへ渡しました。角版なら四角く縁取って、切り抜きだと赤で輪郭を書くんです。
割り付け用紙に文章の位置や文字のサイズ、使う写真のアタリを付けます。
同人誌出身でしたから、師匠格の安井さんのやり方を見様見真似で覚えました。これやってみて!みたいな感じですよ。
安井さんたちは彼らの師匠である大伴昌司のやり方を採り入れたわけで、要するにちょっとその辺はちゃっかし孫弟子みたいな意味合いが自慢も出来そうなところですが。
児童誌では、トレスコープで写真の人物の輪郭を自在に大きくして割り付け用紙に指定する事を何度か任されて、安井さんはフリーハンドでやっているので、そっちの方が早いとすぐトレスコープは卒業しました。
要するにデザイナーに意味が通じれば、多少形が違ってもかまないのと、フリーハンドの方が圧倒的に早いんです。トレスコープは絵が描けない人がやるもんだ、と言われて、なんだそうですか、と。
指定する写真は、角版(写真左右天地だけのトリミング)がほとんどでしたが、変化を付けたいときに切り抜き指定します。
ぼくの本は切り抜きを多用します。児童誌で覚えた感覚です。
お金もかかりますけど、リズムが出て面白いし、写真を大きく使えます。
赤で輪郭を書いて指定します。写真に写っている背景よりも怪獣や人物を大きく見せたいんです。これは安井さんもそうでしたし、大伴さんもそうでした。
ぼくは自分の感覚として、さらに、長方形のページに正方形を入れて写真や文字を配する自分なりの黄金比を考えました。「ゴジラ画報」なんかやりたい放題でした。
しかしそんなやり方は、90年代いっぱいまでです。
特撮がデジタル化したのと同じです。版下の時代は終わりました。
90年代中盤入るとDTPの波が来ます。アスキーでやっていた本はすぐデジタル編集になりました。ホビー系はアナログが続きました。
難しいのはデータの変換でした。
モニターは透過光で色の構成はRGB。レッド、グリーン、ブラックの組み合わせ。テレビがそうです。
印刷は反射光でCMYKの組み合わせ。シアン、マゼンタ、イエロー、キープレート(そのころは黒のKと言われていた)。
せっかく作ったデータを、RGBからCMYKへ変換した時に、色が変わるんです。肌色が黄色く転んだり。ぼんやりしたり。
最近はそれがなくなりました。

自分で本を作り出せるようになると、調子に乗ってレイアウトまでやりました。「ウルトラマンベストブック」のフォーマットをそのまま使って「ウルトラセブンベストブック」は構成、執筆に加えて、レイアウトをやっています。
またその時に広告の版下も作った事がありました。版下は、職人気質が要ります。仕事ではとうてい引き受けられません。
そして時代が変わりました。
デジタルは感覚的なものが大きくて自由度が高く、ナントカというソフトが当時2種類あって、どちらも使ってみようとマニュアルなど読んだりデザイナーに教えてもらっていたところ、担当者から書くことに専念して下さいと止められました。
たくさんの人が古い技術を捨てて新しい技術を身につけたり辞めていく中で、ぼくも10年以上ブランクを作ってしまいました。
一昨年ぐらいから成り行きで、イベントのチラシを何回か作りました。
本当にぼくなんかがデザインをして入稿までやって、ちゃんと完成品が狙い通りに印刷されて届くのには驚かされます。
急がなければ4、5日で届くんです。
怪獣図鑑を作るのと同じ感覚です。主役を切り抜きでドカンと構成します。三つ子の魂百までですね。
今回の冊子はデザイナーに構成案を見てもらいつつ、テキスト原稿と画像を渡してレイアウトしてもらいます。完全版下で入稿。
夏の発売の商品のおまけです。構成と執筆。


猫画像はGWの猫たち。
美也、しんこ、くうちゃんは推定ほぼ5月生まれ。
ゴエモンとシロちゃん夫妻、クロスケ、ロクスケと太郎ちゃんは不明。
でもみんな5月生まれの猫として、父ちゃんの誕生日と合わせてまとめてお祝いの予定。といってもせいぜいチャオちゅーるひとり1本とかです。

昼間あれだけ暑いのに夜は寒いですね。猫たち、コタツに入っています。
軽く済まそうと思ったが、深夜の商店街に腹ごなしに出て行ってきます。
1拍手1Good!(^o^)/
地図 東京都武蔵野市 | 2017/05/08 02:00
タグ ---
投稿 コメント(0)
今日も暑くて3時間で目が覚める。
昨日は夜に仮眠したら悪夢を見たし(え、正夢!)、気温とストレスで自律神経がまいった感じ。体温が暑いんだか寒いんだか定まらない。悪夢が怖くて眠たい目をこすっています。人に頼りたいのに頼れない、信じたいのに信じると裏切られる、みたいな。嫌な夢。
作業は某冊子の構成。先方への確認とデザイナーに渡すためにフォトショップで版下のデモを作る。前回のラフから、今度は原稿を当てはめたもの。
原型はこのところ休んでいます。メーカーの監修が週明けなので。
ゴールデンウイークがやっと後半。
独り暮らしで恋人も居ないオタクとしてはテレビやネットにしがみつくか、仕事するか、どちらかです。
いま「破李拳ポリマー」やってます。昨日は「怪傑ライオン丸」だったし。
日中、天気が好くて息が詰まってしまうので、西荻のガレリア青猫へ行ってきました。日曜まで。
「My Creatures「私のいきもの」展
ガレリア青猫
4月28日(金)〜5月7日(日)
13時〜20時 最終日は19時まで
http://ftf2000.com/aoneko/gareria_qing_mao/AONEKO_top.html

画廊の山本夫妻から筍をいただきました。伊豆で山を持っている方が居て、取れたてです。アク抜きしてあり、あとは出汁で味付けするだけ。
1時間ほど話し込みました。
ヤマキチのカスタム塗装の話と先だっての湯河原行きで井上さんに預けてある怪獣の写真を見せたら、展覧会したらどうかと言うので、怪獣は版権をクリアしないといけないのと、もうオンボロなので考古学みたいな楽しみ方しかないのでと、ま、売り物にならないですよ。新規で作るのは大変です。
会場費が要りますからね。なにか売らないといけない。ヤマキチやらのカスタム塗装も立ち位置を変えてアートぽくしないと。

山本さんに、吉祥寺駅前にはな子の銅像が出来たと聞いて見てきました。
ぼくは10年くらい前に初めてはな子を見ました。雨の日で、象舎に居た花子はちょうどご飯の時間でした。
サッカーボールの3分の2くらいサイズの草団子を飼育員が1つ1つこねて鼻先に渡します。はな子はそれを器用に口へ運びました。
ときどき目が合うんですが、お婆ちゃん象なのに、けっこう眼光するどく、生々しい印象でした。
銅像のはな子はぜんたいに優しい感じです。全盛期のはな子と言う事でしょう。晩年はしわくちゃでした。
その敷地内で音楽祭をやっていました。50人以上の観客が生演奏を楽しんでいました。
吉祥寺はマンガ家が多いんだから、版権取って該当キャラクターの銅像を置けば良いのに。
三浦屋、西友と寄って帰る。がらがらくじ、やっぱりポケットティッシュ。4つ取りました。
だいたいくじ運がないんです。子どもの頃に使っちゃったようで。グリコの景品はずいぶん当たったんですよ、遊星仮面の変身セットやパピィのソフビとか。もしくじ運が使えるとしたら悪夢見ないで澄むようになりたい。それくじじゃないよな。

真ん中の部屋、テレビとパソコンの電気で熱気が貯まります。洗濯物を乾かすついでに除湿をかけました。涼しくて助かります。
エアコンを使わないで済む期間があまりに短いですよ。
1拍手1Good!(^o^)/
地図 東京都武蔵野市 | 2017/05/07 01:43
タグ ---
投稿 コメント(0)
1-10件 (全1976件)   次>>